合コンで婚活をする意味

合コン合コンを中心に婚活を行っている人はたくさんいますが、結婚までたどり着いた人はどれくらいいるでしょうか?実は知人や結婚相談所やなど相手を紹介してくれるほうが、確率は高いが現状です。これは推奨や宣伝などではなく、簡単な確率の問題です。合コンは相手を探している人もいますが、参加する人全員がそうとは限りません。人数合わせの場合もありますし、興味本位ということもあります。また取仕切る幹事によっては、どのような人が来るかは分からないのです。知人の紹介や結婚相談所は、独身の人のみを紹介します。また相手が欲しい人が頼みますので、探している人同士が会うことになります。つまり目的は一致しており、条件に近い人が紹介されますので、あとは個人同士で合う、合わないかを判断することになります。

では合コンは婚活として相応しくないのでしょうか?いいえそのようなことはありません。紹介や結婚相談所は、こちらの要望が合う人が見つかるまで待たなくてはいけません。それは言わば「待ち」であり、一種のお見合いです。ですが合コンはたとえ婚活同士のものであっても、自分から動かなくては何も始まりません。それは「攻め」であり恋愛に近いものがあります。

合コンはどのような形であっても、それは出会いの場であり、それから結婚に繋げる婚活としていくのは、当事者であるあなたが自分で動かなくてはいけません。その出会いをその場限りにするのか、ただの知人で終わるのか、それとも結婚相手にするのかは、当事者であるあなたにかかってきます。それはまさしく恋愛活動と同じなのです。