失敗しない合コンの選び方

合コンの幹事の見極め方というと大げさで難しいように聞こえますが、身近なことで考えればそう難しくはありません。例えば親友がいて、そのパートナーとも親しい付合いがあったとします。その二人が幹事となって開く合コンは如何わしいものとなるでしょうか?相手(あなた)にとって不利益な相手は紹介できませんし、なにより信用問題になりかねません。何かしら問題のある人は紹介することはないでしょう。つまり幹事の見極めとはそういうことなのです。

婚活あまり親しくもない人、信用していない人の紹介ですと、相手とどのような繋がり、どのようか関係の人物がくるかは不明です。これは個人で行う合コンだけにいえることではありません。団体が主催するものであっても同様です。信用のおける結婚相談所やサイトが主催の合コンは、身元照会を行っています。またそのような会社が企画した合コンは、婚活目的に行っていますので見極めという点においては間違いないでしょう。街コンは商工会が主体としているものがよろしいでしょう。商工会はその街の商工会に登録している人が主な参加者です。いわば身元がはっきりとしているので、ただの出会いだけで終わるものではなく、婚活を主体としているといってよろしいでしょう。

合コンの特徴

合コンであっても、紹介であっても、人と人が出会ったあとは自分で動かなくてはいけません。紹介は一対一で行います。そして礼儀として断りたい相手であっても、指定された時間はその場から離れることはできません。また次の相手が紹介されるまで時間がかかることになります。合コンは一度に複数の人に会うことになります。つまり複数の人を一度に比べることができるのです。

合コン紹介に比べ贅沢なような気がしますが、実はそうではありません。合コンは基本的に男女の人数が釣り合うようになっています。異性も複数いますが、同性も複数います。つまり同じ相手を気に入る可能性も十分考えられ、異性だけではなく同性とも戦わなくてはいけません。かなりオーバーな表現ですが、これは普通の恋愛も同じです。狙っている相手に、恋敵がいたらどうしますか?諦めますか?それとも戦いますか?それは第三者が決めることではなく、当事者であるあなた次第です。このやりとりもまた合コンと恋愛は同じだといえるのです。

合コンはあくまで出会いの場であり、それを婚活へと結びつけるのはあなた次第ですが、より婚活へと近づけることはできます。それは開かれる合コンの幹事を見極めることです。最後の項では見極め方に触れていきます。

合コンで婚活をする意味

合コン合コンを中心に婚活を行っている人はたくさんいますが、結婚までたどり着いた人はどれくらいいるでしょうか?実は知人や結婚相談所やなど相手を紹介してくれるほうが、確率は高いが現状です。これは推奨や宣伝などではなく、簡単な確率の問題です。合コンは相手を探している人もいますが、参加する人全員がそうとは限りません。人数合わせの場合もありますし、興味本位ということもあります。また取仕切る幹事によっては、どのような人が来るかは分からないのです。知人の紹介や結婚相談所は、独身の人のみを紹介します。また相手が欲しい人が頼みますので、探している人同士が会うことになります。つまり目的は一致しており、条件に近い人が紹介されますので、あとは個人同士で合う、合わないかを判断することになります。

では合コンは婚活として相応しくないのでしょうか?いいえそのようなことはありません。紹介や結婚相談所は、こちらの要望が合う人が見つかるまで待たなくてはいけません。それは言わば「待ち」であり、一種のお見合いです。ですが合コンはたとえ婚活同士のものであっても、自分から動かなくては何も始まりません。それは「攻め」であり恋愛に近いものがあります。

合コンはどのような形であっても、それは出会いの場であり、それから結婚に繋げる婚活としていくのは、当事者であるあなたが自分で動かなくてはいけません。その出会いをその場限りにするのか、ただの知人で終わるのか、それとも結婚相手にするのかは、当事者であるあなたにかかってきます。それはまさしく恋愛活動と同じなのです。